FXトレード

2020/9/26

【FX】連行足とローソク足を組み合わせた手法【順張り&ブレイクアウト】

  この記事では、ローソク足と練行足を組み合わせた手法を紹介します。 練行足を利用している方は、ぜひ参考にしてください! 練行足の使い方は『【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】』をご覧ください     練行足を使った順張りスキャルピング手法 1分足スキャルピングでは、ボックスサイズ10pipsの練行足を使います。   次のオージー円チャートでは、1分足チャートに連行足(10pips)を重ねて表示しています。 相場が10pips上下に動くたびに、その ...

MT4&MT5

2020/9/24

【MT5】ブレイクイーブン(損益分岐点)に損切を動かすのに役立つEA4選!

  この記事では、ブレイクイーブンに損切を動かすのに役立つMT5 EAを4つ紹介します! 目次 自動でブレイクイーブン水準に動かすEA ブレイクイーブンの水準にラインを表示するインジ ボタンクリックでブレイクイーブンにストップロスを動かせるEA トレーリングストップつきEA         自動でブレイクイーブン水準に動かすEA このEAでは、ポジションに利益が出たときにストップロス注文をブレイクイーブン(損益分岐点)まで自動で動かしてくれます。 また、こ ...

FXトレード

2020/9/26

【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】

  この記事では、練行足について次の5つの項目を解説します。 目次 【FX】練行足とは?【計算方法】 練行足の欠点と解決策 練行足は押し目買い・戻り売りのエントリータイミングに最適! 練行足はチャートパターンやトレンドラインが見つけやすい! 練行足を使った環境分析   【FX】練行足とは?【計算方法】 練行足は、相場が一方向に一定の値幅を動くと新しい足が作成される、非時系列チャートの一種です。 一定の時間間隔の値動きをもとに作成されるローソク足と違い、練行足はポイント&フィギュ ...

MT4&MT5

2020/9/21

【厳選】MT4インジケーターおすすめ11選!【全無料】

  この記事では、無料で使えるおすすめMT4インジケーターを11個紹介します。 MT4でのトレードやチャート分析を効率化&快適にするインジケーターがあるので、 ぜひお試しください! 目次 チャートにフリーハンドでいろいろ描けるインジ 上位足・下位足のローソク足の形を確認できるインジ 複数のチャートで、ラインを同期するインジ フィボナッチリトレースメントやトレンドラインを自動で引いてくれるインジ 東京・ヨーロッパ市場レンジのブレイクアウトトレードに役立つインジ アラート機能でスプレッドの急拡大を知 ...

MT4&MT5

2020/9/19

【MT4】ブレイクイーブンにストップロスを動かすのに役立つEA6選!

  この記事では、ブレイクイーブン(損益分岐点)にストップロスを動かすのに役立つMT4 EAを6つ紹介します! 目次 ブレイクイーブン水準にストップロスを自動で動かすEA トレーリング&ブレイクイーブン機能のEA 損益分岐の水準に水平線を表示するインジ ブレイクイーブンの水準に価格タグを表示するインジ 複数ポジションの平均ブレイクイーブン水準を表示するEA スプレッド込みのブレイクイーブン水準を算出&表示するEA     ブレイクイーブン水準にストップロスを自動で動かすEA ...

【ボラティリティ分析におすすめ!】ATR MA Oscillatorの使い方&見方

2019年11月23日

Pocket

 

ATRボラティリティー

今回は、進化したATRインジケーター「ATR MA Oscillator」を紹介します。

このオシレーターの特徴は、ATRのヒストグラム化です。0水準を境界に、高ボラリティ・低ボラリティを簡単に区別することができます。

ATRを使ったボラティリティ分析をよりシンプルに行いたい方におすすめ!

 

目次

  1. ATR MA Oscillatorとは?|計算式&設定
  2. ATR MA Oscillatorの使い方
    ・ボラティリティの区分け
    ・AMOと0水準のGC・DCでトレンドの開始・終了タイミングを把握
    ・大きなブレイクアウトの震源地を特定!

 

ATR MA Oscillatorとは?|計算式&設定

ATR MA Oscillator(AMO)は、ATRをヒストグラム化したテクニカル指標です。

このオシレータの仕組みはシンプルで、ATRの数値からATRの移動平均線の数値を引き、これをさらに移動平均化するだけです。

 

計算式は次のとおりです。

計算式

AMO=(ATR ー ATRの移動平均線)の移動平均線

 

下のチャートのように、ATR>MAの場合はAMOは正の数となり、ATR<MAの場合はAMOは負の数となります。

 

このようにAMOは移動平均線を基準にすることで、0の水準を導入できます。これにより、従来のATRと違いマイナスの数値も取れるため、ボラティリティの相対的な大きさの比較がより簡単にできます。

 

AMOの設定

ATR MA Oscillatorの期間の設定は次の4つがあります。

・AtrPeriod:ATRの設定期間。14がメジャーです
・SignalSMA:移動平均線の期間。20以上がオススメ
・Type_MA_ATR:(ATR ー ATRのMA)の移動平均化の期間
・Type_MA:MAの種類

 

Type_MA_ATR」と「Type_MA」の移動平均線の種類は、0~3の数字で指定します。次の4つがあります。

0=SMA 1=EMA 2=SMMA 3=WMA

※WMA=加重移動平均線 詳しくは、『加重移動平均線(WMA)の使い方5選【トレンド相場で重宝】』で解説しています

このうち、SMMA(Smoothed MA)がおすすめです。移動平均線の動きが最も滑らかなので、ATRとMAのクロスする回数が減り、AMOのヒストグラムが0水準を小刻みに上下動するノイズを抑えることができます。

 

また「SignalSMA」の数値が小さいと、MAの動きが荒くなりヒストグラムのノイズが発生しやすいです。

下のチャートは、「SignalSMA=10」のAMOです。小さなノイズが分析の妨げになっています。

 

ダウンロードサイト

AMOのMT4インジケーターは、下記のサイトからダウンロードできます。

ATR MA Oscillator|MT4

 

 

ATR MA Oscillatorの使い方

AMOの具体的な使い方を3つ紹介します。

 

ボラティリティの区分け

ATR MA Oscillatorでは、どの通貨ペアでも0水準を高ボラ/低ボラの境界線として利用できます。これにより、現在の相場のボラの高さをひと目で判定することができます。

 

  • AMO>0:価格変動が大きい(ボラ大)
  • AMO<0:価格変動が小さい(ボラ小)

 

戦略:通貨ペアの選定

トレーダーはボラの高い相場でトレードし、ボラの低い相場に手を出さないことが大切です。たとえば、デイトレーダーは日足チャートで直近のボラの高さを確認し、今日トレードする通貨ペアを選定しましょう。

下のオージ円の日足では、ここ1ヶ月以上AMOが0以下であり、相場が停滞しています。こういった相場はトレンドが発生しにくく、下位足ではノイズの多いランダムな動きが見られやすいのでデイトレは避けましょう。

 

AMOと0水準のゴールデンクロス&デッドクロス

AMOと0水準のゴールデンクロス&デッドクロスは、トレンドやブレイクアウトの始まり/終了の合図となります。

AMOのクロス

  • AMOと0水準のGC:AMOの負から正への転換。ボラの増大
    →トレンドの始まりのシグナル
  • AMOと0水準のDC:AMOの正から負への転換。ボラの低下
    →トレンドの終わりのシグナル

 

上のオージ/円チャートでは、下降トレンドの終わりでAMOのDCが発生。ボラティリティが低下して最安値を更新できず、下降トレンドが終了しています。

そしてその後、AMOのGCでボラティリティが回復し、逆方向へのトレンドが生まれています。

ポイント

AMOのDCはトレンドフォロー・ポジションの利食いタイミングに、AMOのGCはトレンドやブレイクアウトの初動を捉えるシグナルになります

 

 

大きなブレイクアウトの震源地を特定!

低ボラティリティが一定期間続くのは、大きなブレイクアウトの予兆です。AMOの下記パターンは、ブレイクアウトの発生を事前に知らせてくれます。

AMOが0以下で、3つ以上の山が連続 & 価格が狭い範囲で横ばいしている

上のチャートのAMOでは、3つの大きな山が生じており、ボラの低いレンジ相場を形成しています。この狭い価格帯には売買注文が溜まっており、レンジを突破するとエネルギーが開放され、価格が一方向に勢いよく伸びやすいです。

※ボラの縮小レンジを利用した手法は、『【価格の破裂】ATRボリンジャーを使ったボラティリティ・ブレイクアウト手法』でも解説しているのでよければ参考にしてください。

 

ATR MA Oscillatorの使い方まとめ

・0水準は高ボラ/低ボラの境界線
・AMOと0水準のGC・DCは、エントリー・利確のシグナル
・AMO<0での、3つ以上の山はブレイクアウトの予兆

関連 ATRチャネルの使い方&戦略講座

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.