MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

MT4|ボリンジャーバンドのミドルライン消してEMAに変更する方法

2019年9月25日

 

20EMAを使っている皆さん、ボリンジャーバンドのミドルライン(20SMA)ってEMAと重なって邪魔ですよね。

20EMA(指数平滑移動平均線)は、20SMAよりローソク足に敏感に反応するため、押し目買い・戻り売りのツールとして優れています。

そのためボリンジャーバンドを使っている方は、エントリーの精度を上げるために、ミドルラインを20EMAで表示することがおすすめ!

そこで今回は、MT4やMT5でボリンジャーバンドミドルライン(中心線)を消して、ミドルラインをEMAに変更する方法を解説します。

 

ボリンジャーバンドの中心線を消して、EMAに変更する方法

ボリンジャーバンドのミドルラインをEMAに変更するために、まずミドルライン(SMA)を消します。

MT4・MT5の「Bollinger Bands」のインジケータでは、残念ながらミドルラインを消すことができません。ミドルラインを消してσバンドのみ表示したい場合、カスタムインジケータの「Bands」を使います。

 

手順は次の4つです。

step
1
MT4メニューの「表示>ナビゲーター」をクリックし、ナビゲーターを表示

 

step
2
ナビゲーターで、「インディケータ→Examples→Bands」を選択し、表示したいチャート上にドラッグ&ドロップ

インジケータ「Bands」はデフォルトでMT4に入っているので、新しくインストールする必要はありません。

※MT5では、「Bands」ではなく「BB」という表記になっています

 

step
3
「Bands」の設定画面で、次の2つの設定を行う

 

パラメータの入力

・Bands period:中心線である単純移動平均線の設定期間
・Bands Shift:バンドの平行移動。たとえば、-5にするとローソク足5本分ボリンジャーバンドが左に平行移動します。ここは「0」のままでOK
・Bands Deviations:標準偏差の数値。±2σのバンドを表示したい場合は、「2」を入れます

※ボリンジャーバンドの設定方法は、「MT4|ボリンジャーバンドの設定方法を徹底解説!表示方法・期間・レベル設定」で詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

 

色の設定

「Bands」では♯0~♯2の設定で、ボリンジャーバンドの各ラインの色・太さ・種類を変更できます。

♯0:ボリンジャーバンドのミドルライン
♯1:ミドルラインの上にあるバンド(+2σ)
♯2:ミドルラインの下にあるバンド(-2σ)

 

今回はミドルラインを消したいので、♯0の色の設定を「None」にしてください。すると、下のチャートのように、中心線が消えて±2σバンドのみのボリンジャーバンドになります。

 

step
4
上のチャートに、20EMAを加えると完成!

最後に、チャートにEMAを追加したら完成です。これでボリンジャーバンドの中心線をSMAからEMAに変更できます。

中心線がEMAのボリンジャーバンド

中心線をEMAで表示し、バンドもそのEMAを基準に算出された「EMAボリンジャーバンド」をMT4で表示したい方は、『ProBB4』がおすすめ!

このインジケーターは有料ですが、カスタマイズ可能なアラート機能やMTF機能など、ボリンジャーバンドに必要なあらゆる機能が搭載されています。

参照:ProBB4

 

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.