FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

ダブルトップ・ボトムの派生形|MWレンジパターンとは?3つの使い方!

2019年7月20日

 

今回は、ダブルトップダブルボトムを組み合わせたチャートパターン、 MWパターンの使い方を紹介します。

FXや株式相場のあらゆる時間軸で出現する、汎用性の高い型なので、ぜひ利用してみてください!

目次

  1. ダブルトップ・ダブルボトムの派生形ーMWパターンとは?
  2. MW・WMパターンの3つの使い方
    ・4つの重要なレジサポライン
    ・レンジブレイクアウト
    ・レンジ内でのMTF逆張り

 

【FX】ダブルトップ・ダブルボトムの派生形ーMWレンジパターンとは?

MWパターンやWMパターンは、ダブルトップとダブルボトムが連続発生して形成されたチャートパターンです。

MWは同水準での高値2点と安値2点で、WMは同水準での高値2点と安値2点で構成されます。そのため、一定値幅のボックスを形成し、これらはレンジの一形態でもあります。

fx株のボックスレンジ

  • MW:ダブルトップ(MT)とダブルボトム(WB)の順に発生
  • WM:ダブルボトム(WB)とダブルトップ(MT)の順に発生

 

 

実際の為替チャートで見てみましょう。下のドル円5分足では、MWパターンが発生しています。緑の枠は、レンジボックスを表しています。

ダブルトップ・ボトムが形成するレンジ

 

MW・WMチャートパターンを見つける補助ツール

MW・WMパターンは、インジケーター「ZigZag」の山・谷を見ることで簡単に見つけることができます。MWの場合、ZigZagの平行な山2つと谷2つからなります。

 

ZigZagでダブルトップを認識

 

MW・WMパターンの3つの使い方

MW・WMパターンの使い方は次の3つあります。

・4つの重要なレジサポライン
・レンジブレイクアウト
・レンジ内でのMTF逆張り

 

4つの重要なレジサポライン

MW・WMのダブルトップ高値やダブルボトム安値の水準は、長期間レジスタンスラインやサポートラインとして注目され、ライントレードの水平線に利用できます。

ブレイクアウト後も意識される価格水準なので、水平線を引いたらすぐに消さないようにしましょう!

ライントレードに使える水平線

ダブルトップの高値:MTの2つの山を起点に引いた水平線
ダブルボトムの安値:WBの2つの谷を起点に引いた水平線

これらの水準は、レンジブレイクアウト後のプルバックやレンジ内回帰後のエントリーポイントとして活用できます。

 

また、MW・WMを構成するダブルトップ・ボトムのネックラインもレジサポラインとして機能します。レンジ内部にある水準なので見落としがちですが超重要です!

fxダブルトップ

上の相場では、レンジ内ネックライン上で価格が4回反発して、買い売りの攻防が発生し、ディセンディング・トライアングルパターンを形成しています。

ネックラインを下抜け、ブレイクアウトが成功すると、ネックラインはレジスタンスラインに転換し、ブレイクアウト後の売りエントリーポイントを提供しています。

 

ちなみに、MW・WMのレンジ・ブレイクアウト後に、レンジ内に価格が回帰するケースがあります。この場合、ゾーン内でもみあってなかなか抜け出せないことが多いです。

再びレンジを抜けるまではトレードは避けたほうがいいです。

その後相場は、MWレンジの下限水準でシンメトリカルトライアングルパターンを形成し、上方向にブレイクアウトしました。

このポイントでは、レンジ下限での逆張り買いとブレイクアウト買いの2つが重なり、買い圧力が高まります。

 

そして、直後の上昇ブレイクアウト2波ではフラッグパターンを形成しており、このフラッグ安値でダブルボトムをつくり底値の固さを示しています。

このフラッグの上抜けはシンメトリカルトライアングルに続くセカンドブレイクアウトであり、買いを仕掛けるポイントです。

ゾーン内で長い間もみ合った分、大きく価格は上昇しました。

 

ターゲット水準は、MWレンジ上限から、レンジ幅を足した水準になります。

 

レンジブレイクアウト

MW・WMのボックスは、ブレイクアウト手法にも利用できます。特に、トレンド方向へのブレイクは大きく伸びる可能性があります。

その理由は次のとおりです。

上昇トレンドの天井圏でMW・WMのレンジを形成すると、この価格帯でトレンドを再開するのに必要なエネルギ―が蓄積されます。

そして、このレンジ上限(=トレンド高値)を価格がブレイクアウトすると、順張り買い注文とブレイクアウト買い注文の2つが重なり強い上昇が発生します。

今回のようにトレンドの天井圏でのMW・WMのレンジは、直前の上昇波とあわせてレクタングルパターンを形成しており、ブレイクアウトのターゲット水準は上昇波を起点にしたフィボナッチエクスパンション100%になります。

※上昇トレンドの場合、WMよりMWレンジのほうがトレンドが継続しやすいです。

上昇ブレイクアウトの直前に、レンジ下限をつくるダブルボトムで押し安値をつくっており、この下値の堅さを見た順張り派がネックライン越えで買いを仕掛けており、上昇ブレイクアウトを後押ししてくれます。

関連 【押し目買いのタイミングがわからない方へ】ミニレンジを利用すれば、順張りがうまくなる!

 

レンジ内でのMTF逆張り

MWでのダブルボトムや、WMでのダブルトップの完成は、レンジ内逆張りをしかけるチャンスです。

エントリーのタイミングは1つ下の時間軸で計ると、より速いタイミングで仕掛けることができます。

 

下のドル/円15分足では、MWパターンが発生しています。これを5分足でみてみましょう。

マルチタイムフレームワーク分析

 

5分足におけるダブルトップの1つ目の山の水準で、ローソク足が反発下落したら売りを仕掛けます。

1つ目のターゲット水準は、ダブルボトムのネックラインの価格ゾーンです。

ここを抜けると、下落の勢いが加速するため、このゾーン下での反発下落も売りを仕掛けるポイントになります。そして、その下にあるダブルトップのネックラインが最終到達水準になります。

 

このように、MWやWMは複数の時間足を利用したマルチタイムフレーム手法とも相性が良いですよ!他にも4時間足&15分足や5分足&1分足などの組み合わせで、活用することができます。

関連 【FX】2つのダブルボトムを利用した強力逆張りエントリーを伝授!

関連 【高勝率の秘訣】レンジ内逆張りは、下位足のブレイクアウトを利用せよ!

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.