FXトレード

2020/10/28

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

  この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します! 1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。 トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください! 目次 ミニフラッグとは?定義&発見方法 ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法 ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法 ...

FXトレード

2020/10/25

【FX】ナローレンジとは?ブレイクアウト手法に使えるセットアップ!

  この記事では、ブレイクアウト手法のセットアップの1つである、ナローレンジパターンについて紹介します。 目次 【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジを使ったトレード戦略 ナローレンジを使ったブレイクアウト手法例   【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジ(NR)はローソク足4本以上で構成するプライスアクションパターンの1つです。 ロジックはボリンジャーバンドのスクイーズと似ており、ボラティリティが ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

  MT4のトレンドインジケーター この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT4インジケーターを9つ紹介します! トレンド相場でトレードする方はぜひお試しください! 目次 スーパートレンド ADXでトレンド方向を判定するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅で、現在の相場状況を分析するインジ トレンドの強さ・角度を表示するインジ 複数の時間足のトレンドの情報を分析するインジ 複数の通貨ペアのトレンド方向を確認できるインジ トレンド相場での損切りやエントリーに役立つインジ &nbsp ...

FXトレード

2020/10/22

【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

  トレンドフォロー手法で大切なことは、トレンドの波に乗ることです。 トレンドを掴むことが、トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)で勝率を上げる最大のポイントです。   トレンドフォローの勝率を上げようと、エントリータイミングのルールを複雑にするのは逆効果! 複雑なルールだと、トレンド発生時にうまくエントリーできずにチャンスを逃す可能性が高いです。   そのため、トレンドフォロー手法で大切なのは、「シンプル」であることです。 この記事では、ボリンジャーバンドとストキャスティ ...

MT4&MT5

2020/10/22

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/22

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

【オプション】スマイルカーブの使い方&見方

2020年2月13日

Pocket

この記事では、オプション取引における「スマイルカーブについて解説します。

これは、オプション銘柄のインプライドボラテリティ(IV)の分布をグラフ化したもので、IVの状態や推移を観察するのに役立つツールとしてオプショントレーダーに利用されています。

 

 

スマイルカーブとは?【IVの分布図】

スマイルカーブとは、同じ有効期限をもつ一連のオプションの行使価格に対する、インプライドボラテリティの分布図(=ボラテリティカーブ)の一種です。

関連記事 【将来の変動幅を予測】インプライドボラティリティの見方&使い方を徹底解説!

 

横軸が行使価格、縦軸がインプライドボラテリティでグラフを作成すると、スマイルカーブは下図のように、ATMを中心に弧(U字型)を描きます。

スマイルカーブで見るIV

※笑っている口元のような形から、「スマイル」カーブと呼ばれます

 

このグラフはオプションの需給関係を表します。

スマイルカーブでは、インプライドボラテリティ(IV)が次のような特徴をもちます。

  • ATMでは、IVが最小値になる
  • 権利行使価格がATMから左右に離れると、IVが指数関数的に増加する

 

ATMの右側はITMプットまたはOTMコールで、ATMの左側はITMコールまたはOTMプットになります。

いずれもATMのオプションに比べ、インプライドボラテリティは大きいです。

 

 

スマイルカーブでわかること&使い方

スマイルカーブが示すことは、ATMオプションよりもITMやOTMオプションのほうが需要が大きい傾向があるということです。

このような高い需要は、インプライドボラティリティの増加により、オプションの時間価値が高まりやすいです。

 

また、オプション価格が原資産価格から大きく離れるほど、価格の変動率が大きくなる可能性があります。

 

スマイルカーブでボラティリティの高まりを期待できるならば、ボラの上昇を利用した「ロングストラドル」や「カバードコール」がおすすめです!

 

 

ボラテリティカーブの使い方

ボラテリティカーブをリアルタイムで見ることで、多くの銘柄のインプライドボラテリティの状態や相対的な大きさを一括監視することができます。

そして、スマイルカーブの形を参考にすることで、数あるオプション銘柄の中から自分の戦略に適した銘柄を見つけるのに役立ちます。

 

※スマイルカーブは、短期オプションにおいて頻出度が高いボラテリティパターンになります。

関連記事 Weeklyオプションとは?【3つの重要戦略!】

 

 

ボラティリティスキューでIVの分布を把握!

ボラテリティカーブは、需給や満期までの残り日数などの要因により、常にきれいなU字型のスマイルカーブを形成するとは限りません。

スマイルカーブが左肩(右肩)上がりに歪んでいるパターンも見られます。

この歪んだスマイルカーブは、一般的に「ボラテリティスキュー」と呼ばれます。

 

ボラティリティスキューが生じる理由

スマイルカーブが歪曲する原因として、オプション価格の需給の偏りが挙げられます。

 

需給バランスが偏る要因

  • コール売りやプット買いの需要が高い
    →保有株の値下がりリスクを限定したいヘッジ取引が常にある
  • 株式相場では、上昇スピードはゆっくりなのに対して、下落スピードは急である
    →株価の急落は投資家の恐怖心を煽り、利益確定や損切の売りが殺到して、需給関係が一気に崩れます

 

2種類のボラテリティスキュー

ボラテリティスキューは、左肩上がりと右肩上がりの2パターンがあります。

それぞれ順にみていきましょう。

 

1.左肩上がりのスキュー

このパターンでは、権利行使価格が低いオプションのIVが、権利行使価格が高いオプションのIVより大きい傾向があります。

ITMコール・OTMプットのIV > ITMプット・OTMコールのIV

 

また、ATMより右側でインプライドボラテリティは最安値となり、さらに右に行くほどIVは緩やかに上昇します。

このパターンは、日経225オプションでよくみられるパターンです。

 

左肩上がりのボラテリティスキューの背景

株価が急落すると、投資家達はパニックに陥り、市場が荒れボラテリティが増加しやすいです。

逆に、株価が上昇している場合は、市場が安定しボラテリティが低下する傾向があります。

そのため、右側のカーブより左側のカーブのほうが急角度で上昇します。

株式相場の不確実性が高まり、市場参加者の多くが暴落を不安視してリスクヘッジのためのプットオプションの買いの需要が高まるほど、左側のカーブの角度が急になります。

 

2.右肩上がりのスキュー

このパターンでは、権利行使価格が高いオプションのIVが、権利行使価格が低いオプションのIVより大きい傾向があります。

ITMプット・OTMコールのIV > ITMコール・OTMプットのIV

つまり、ITMプット・OTMコールのオプション需要が、ITMコール・OTMプットより高いことを示しています。

 

日経225オプションのスマイルカーブが見れるツール

日経225オプションのスマイルカーブを見たい方は、カブコム証券の「スマイルカーブフラッシュ」がおすすめ!

口座を開設するだけで無料で利用できるので、興味がある方はお試しください。

出典:スマイルカーブフラッシュ|カブコム証券

 

 

 

絶対的スマイルカーブでIVの変化を調べよう!

同じ銘柄(=同じ権利行使価格)のIVを比較したい場合は、横軸を行使価格で固定したスマイルカーブを1つのグラフに重ねます。

同じ行使価格のオプションのIVがどれだけ変化したかわかります。

 

オプションのスマイルカーブ

上の図では、日経225オプションのスマイルカーブに3日後のスマイルカーブを追加表示しています。

日経平均株価が3日間で19000円から19500円に上昇することで、スマイルカーブの中心(ATM)も500円右にシフトしています。

 

例1

同じ形状のままカーブ全体が浮上しており、ボラテリティが全体的に上昇しています。

 

例2

左側のカーブが急上昇してIVが急増しており、下値不安が高まっています。

 

例3

日経平均株価が下落し、OTMプットがATMに近づくことでIVが低下しています。

 

 

相対的スマイルカーブで各銘柄のIV分布を比較!

絶対的スマイルカーブでは、原資産(日経平均株価など)が動くとスマイルカーブの中心がずれてしまいます。

ATMを基準にした相対的スマイルカーブを表示したい場合は、横軸を相対権利行使価格にします。

 

相対行使価格の例

  • ATMからの値幅
  • ATMに対する比率

 

 

下のグラフは、横軸を「ATMからの値幅」に変換したスマイルカーブです。

他にも、対数変換や年換算などがあります。それぞれの特徴は、次の通りです。

種類 特徴
権利行使価格 原資産価格が動くと、ATMの中心がずれて比較が難しい
ATMとの絶対距離 スマイルカーブをATMを中止に横に平行移動する
ATMとの比率 短期間であれば比較可能。満期が近づくと、次第にOTM側が跳ね上がる
ATMとの比率を対数変換 横軸が何を意味するか直感的にわかりにくい
ATMとの比率を対数変換&年換算 自然対数を使うと、連続複利による1年後の上昇率/変化率を反映した数字になる
残存日数の異なるカーブを比較できる

引用:國宗 利広「日経平均オプション入門」中央経済社(2017)

-オプション取引

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.