MT4&MT5

2021/1/19

【MT5】ブレイクアウト系EAを7つ紹介!【すべて無料!】

  この記事では、MT5のブレイクアウト系EAを7つ紹介します。 全て無料で利用できるので興味がある方はぜひお試しください! 目次 前日高値安値のブレイクアウトEA インサイドバーのブレイクアウトEA スリーバーのブレイクアウトEA レンジボックスのブレイクアウト 雲のブレイクアウトEA ドンチャンチャネルのブレイクアウトEA ボリンジャーバンドのブレイクアウトEA     前日高値安値のブレイクアウトEA このEAは前日高値・安値のブレイクアウトで仕掛けるEAです。 買いエ ...

MT4&MT5

2021/1/19

【MT5】ボリンジャーバンドを使ったEAを2つ紹介!【ブレイクアウト&逆張り】

  この記事では、MT5で使えるボリンジャーバンドのEAを2つ紹介します! 目次 ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA RSIボリンジャーを使ったブレイクアウトEA ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA このEAは、ボリンジャーバンドをローソク足終値で超えると逆張りでエントリーします。 売り:終値が+2σバンドを上抜ける 買い:終値がー2σバンドを下抜ける   また、設定の「Reversal Signal」をtrueにすると、終値がバンドをブレイクアウトするとその方 ...

FXトレード

2021/1/20

【FX】ニューヨーク時間の特徴6選!【順張りで仕掛けたい4つのパターン】

  この記事では、FX相場のニューヨーク時間の特徴を6つ紹介します。 ニューヨーク時間(夏時間:21時~5時、冬時間:22時~6時)にトレードしている方はぜひトレードに役立ててください! 目次 ニューヨーク時間の後半はボラティリティ低い! アメリカの祝日では、ニューヨーク時間は停滞相場になる! 金曜日の夜はトレード控えめに!【トレードするなら逆張りがおすすめ】 1日で最もボラティリティが高い時間帯は?デイトレするならこの時間帯! ニューヨーク時間でヨーロッパ時間のトレンドが継続しやすいパターン4 ...

MT4&MT5

2021/1/8

【MT5】アラート機能つき移動平均線インジケーターを4つ紹介します!

  この記事では、移動平均線のアラート機能つきMT5インジケーターを4つ紹介します! 目次 価格と移動平均線のクロスでアラート 2本の移動平均線のクロスでアラート 3本の移動平均線のクロスでアラート 上位足の移動平均線に価格のクロスでアラート   価格と移動平均線のクロスでアラート このインジケーターは、価格と移動平均線のクロス(=ローソク足終値がMAを超える)が発生したときに、アラートで知らせてくれます。 Candle Cross MA     2本の移動平均線の ...

MT4&MT5

2021/1/11

【MT4】垂直線を自動で引くインジケーター4選!【便利な5つの使い方も紹介】

  この記事では、垂直線の実践的な使い方と自動で垂直線を引けるMT4インジケーターを5つ紹介します! 目次 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! 指定した時間に垂直線を表示するインジ 一定時間ごとに垂直線を表示するインジ 上位足のローソク足形成時に垂直線が引かれるインジ 指定した3つの時刻に垂直線を引くインジ 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! ローソク足の形成された時間を見る テクニカルとローソク足の関係を見る エントリーしたローソク足に引く 経済指標の発表時間に引く ヨ ...

FXトレード

2021/1/12

【アプリで投資】FBSコピートレードの特徴や機能、評判を丸ごと解説!

  この記事では、海外FX会社FBSのコピートレードについて解説します。 FBSコピートレードの使い方や機能、評判を紹介するので、興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードの評判は? FBSコピートレードのやり方を詳しく解説 →リスクフリー投資でまずはお試しを! FBSコピートレード口座の開設方法 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードは、プロトレーダーの口座と自分の口座を紐づけて、プロトレーダーの取引をコピーして自動売買できるソーシ ...

FXトレード

2020/12/30

【MT5】ADXのインジケーターを7つ紹介!

  この記事では、ADXのMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 ADXをヒストグラム表示するインジ 平滑化ADX ADXをドット表示するインジ ADXのシグナルを矢印表示するインジ ADXでトレンドを識別し、ローソク足の色を変化させるインジ マルチオシレーター 上位足の平滑化ADXを表示するインジ ADXをヒストグラム表示するインジ これは、ADXのラインとヒストグラムの2つを表示するインジケーターです。 ヒストグラムの色は、+DIと-DIの位置関係を表します。 青:+DIが-DIの上に ...

MT4&MT5

2020/12/27

【MT5】垂直線を指定した時刻に自動表示するインジケーター5選!

  この記事では、指定した時刻に垂直線を繰り返し表示するMT5インジケーターを5つ紹介します! 目次 曜日つき垂直線を表示するインジ 垂直線を指定した時刻に自動表示するインジ 上位足のローソク足形成時間に垂直線を表示するインジ 垂直線でチャートを固定するインジ 曜日つき垂直線を表示するインジ これは1日の始まり(0時)に垂直線を繰り返し表示し、当日の曜日もあわせて表示します。 ※1分足~4時間足で利用できます 過去のチャートにおいて、任意のポイントの曜日を調べたい方におすすめのツールです。 Mo ...

【MT4】ボラティリティインジケーター7選

2020年2月15日

 

この記事では、ボラティリティMT4MT5インジケーターを7つ紹介します。

ローソク足の大きさや時間帯別・曜日別の変動幅、真の値幅など、様々な尺度で相場のボラテリティを測定するインジケーターがあるので、いろいろお試しください!

 

1.Volatility

これは、ローソク足の大きさ(高値ー安値)の平均値をサブウィンドウに表示するインジケーターです。

 

設定の「VolatulityPeriod」で、ボラティリティの平均をとるローソク足の本数を指定できます。

 

また、設定の「レベル表示」タブで、特定の水準(高ボラ・低ボラの境界値など)に水平線を引くこともできます。

 

 

Volatility

※ダウンロードファイルは、次の3つがあります。お好みのものをお使いください。

・Volatility2:表示しているチャートの通貨ペアのボラを表示する
・Volatility4:Volatility2より、ボラの表示桁数が2桁大きい
・Volatulity 3 pairs:3つの通貨ペアのボラを表示する
→デフォルトでは、ドル円・ポンド円・ポンドドルの3つになっています

 

他の通貨ペアのボラティリティを表示したい場合は、MetaEditorでコード変更します。

たとえば、ポンドドルの代わりにオージ円のボラを表示したい場合は、13行目・27~28行目・75行目の「GBPUSD」を「AUDJPY」に変更します。

 

 

2.Truly Volatility

これは、時間帯別や曜日別の平均ボラティリティをヒストグラムで数値化するインジケーターです。

 

このインジは、1時間足と日足チャートでのみ利用できます。

 

1時間足での情報

  • ヒストグラム(青):各時間帯の平均ボラティリティ【単位:pips】
  • 水平線(オレンジ):期間内の全ローソク足の平均値
  • ローソク足上の数値:各足の大きさ(pips)

 

ボラティリティのMT4インジケーター

 

設定

・Calculating over past weeks:平均ボラティリティを算出する週の数
・Candle type:ボラの測定方法
→whole:ローソク足の高値ー安値 body:ローソク足の実体
・Show Candle Size:各ローソク足の大きさを表示
・Show Hours or Day of week:ヒストグラムの表示
・Show Average Volatility:期間内の平均値を表示

 

Truly Volatility

※上のサイトでインジケーターをダウンロードできない場合は、「MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策」をご覧ください

 

 

3.Volatility ratio

これは、指定した本数におけるローソク足大きさの平均値に対する、現在のローソク足の大きさの比率をラインで表示したインジケーターです。

 

  • 値が1以上:ローソク足の大きさが平均値より大きい
    →高ボラティリティ
  • 値が1以下:ローソク足の大きさが平均値より小さい
    →低ボラティリティ
  • 値が上昇:ボラティリティが増加している
  • 値が減少:ボラティリティが低下している

このように、Volatility ratioの数値が1より大きいかどうかで、現在の相場のボラティリティの大きさを判定できます。

 

Volatility ratio|MT4
Volatility ratio|MT5

 

 

4. Change of Volatility

これは、短期のボラティリティと長期のボラティリティの比率を計算して、ボラティリティの変化率を表したMT4・MT5インジケーターです。

 

計算式

Change of Volatility=短期のボラ÷長期のボラ

 

ここでのボラティリティは、価格騰落率の標準偏差(v)です。

x:価格騰落率(=ローソク足の終値と1つ前のローソク足終値の比)
x̄:n期間における価格騰落率の平均

 

設定

・Short:短期ボラの期間n
・Long:長期ボラの期間n

 

Change of Volatility|MT4
Change of Volatility|MT5

 

 

5.Average Daily Range Board

Average Daily Range Boardは、各通貨ペアにおける「1日の平均値幅(=ADR)」と「今日のレンジ幅」を一覧表示するインジケーターです。

たとえば上のボードを見てみると、ユーロドルのADRは31.0pips、今日のレンジ幅は29.5pipsだとわかります。

 

ADRとは?

ADRの数値は直近数日間におけるボラティリティの高さを表しており、「今日のレンジ幅」と比較することで当日の値動き余地を調べることができます。

詳しくは→ 1日の平均レンジ幅を予測するADRの使い方&見方

 

設定

・Symbols:ボードに表示したい通貨ペアを入力します。(例:USDJPY,EURUSD,GBPJPY)
・Period:ADRの期間
・BG_Color:ボードの背景色

 

Average Daily Range Board

 

 

6.True Range Ratio

これは、ATRで使われる「真の値幅」の比率を算出するボラティリティインジケーターです。

 

計算式

True Range Ratio=ローソク足の真の値幅÷n期間の真の値幅

ローソク足の真の値幅=max(足の高値,前の足の終値) - min(足の安値,前の足の終値)
n期間の真の値幅=max(N本の足の高値or終値) - mim(N本の足の高値or終値)

 

現在のローソク足が陽線では正の数を、陰線では負の数になるように符号が変化します。

一般的に、0.5(‐0.5)の水準が高ボラ/低ボラの境界値です。この水準を超えると、その極大値・極小値を丸印で強調してくれます。

 

True Range Ratio

 

 

7.Candle Strength

これは、各ローソク足の実体の大きさ(=|ローソク足の終値ーローソク足の始値|)をサブウィンドウにヒストグラム(単位:pips)で表示したMインジケーターです。

バーの大きさは実体の大きさに比例し、陽線は正の数で、陰線は負の数で表示されます。

相場の超短期的なボラティリティ分析に役立ちます。

 

Candle Strength

 

 

オートチャーティスト

OANDA Japanのツール「オートチャーティスト」では、時間別や1日あたりのボラティリティの大きさを確認できます。

参照:OANDA

 

また、MT4のチャート上に、過去6か月の平均ボラティリティから算出した、15分後、30分後、1時間後、4時間後、1日後の各予想変動幅を表示します。

参照:OANDA

 

他にも、次の8個のチャートパターンを検出し、ターゲット水準や通貨ペア・時間帯を考慮した的中率を教えてくれます。

OANDA Japanの口座を開設しているかたは、無料で利用できるのでぜひお試しください!

参照:OANDA

 

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.