MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

【MT4】トレンドラインを短い水平線に変換するインジケーター!

2020年1月2日

 

トレンドラインを使って短い水平線を引いているけど、毎回きれいに引くのめんどうっ!」というMT4トレーダーの皆さん!

 

今回は、MT4トレンドラインを「1ボタンで短い水平に変換するインジケーターを紹介します。

このインジケーターを使えば、いつでもサクッと短い水平線を引くことができます!

 

短いトレンドラインを水平に変換するMT4インジケーター

Make It Horizontal」は、トレンドラインを水平なラインに変換できるようになるインジケーターです。

 

トレンドラインを短い水平線に変える方法

トレンドラインを選択して、キーボードの[H]キーを押す

mt4トレンドラインで短い水平線

この操作で、いつでも簡単に短い水平線をチャートに表示することができます。

 

具体的には、水平になるようトレンドラインの左端を起点にトレンドラインが回転します。またこのとき、水平線の長さは元のトレンドラインの長さを引き継ぎます。

 

事前準備

チャートにこのインジケーターを貼り付けると、このショートカットキーを有効化できます。

 

ナビゲーター内の「インディケータ→Market」にある「Make It Horizontal」をチャート上にドラック&ドロップ

貼り付けるだけなので、細かい設定をする必要はありません。

 

※また、オプションの設定画面で以下の2つにチャックを入れておくと、トレンドライン表示時やワンクリックで「選択状態」にできます。

 

使い方例:レジサポラインの引き方

たとえば、レジサポラインを引きたい場合は、レジサポラインの起点となる高値(安値)にトレンドラインの左端をあわせて、[H]キーを押します。

 

ダウンロードサイト

Make It Horizontal

※上のサイトでインジケーターをダウンロードできない場合は、「MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策」をご覧ください

 

 

短い水平線の便利な使い方3選

短い水平線の使い方も簡単に紹介します。気に入ったものがあれば、ぜひ参考にしてください。

 

3つの使い方

  • エントリー、損切り、利食いの価格水準に引く
  • 水平線(レジサポライン)を引くときに使う
  • 押し高値・押し安値の追跡

 

エントリー・損切り・利食いの価格水準に引く

下のチャートのように、垂直線と合わせて使うと、どのポイントでエントリーして利食い(損切り)したのか、後でチャートを見直すときに便利です。

たとえば、エントリーした時刻(ローソク足)に垂直線を、エントリーした価格水準に水平線を引くと、その交点がエントリーしたポイントになります。

 

トレードチャートを保存・印刷する前に、この方法でトレードポイントをメモしておけば、どこでトレードしたか忘れずにすむのでおすすめです!

 

水平線(レジサポライン)を引くときに使う

複数の水平線を引くと、それぞれの水平線の基点(高値安値)がどこなのか、少しわかりにくいですよね?

 

トレンドラインで引いた短い水平線を左端を、レジサポラインの基点に合わせると、どこを基準に水平線を引いたか一目瞭然です。

 

押し高値・押し安値の追跡

ダウ理論による定義では、価格が押し高値・押し安値を割るまでトレンドが継続します。

トレンド発生時に、押し高値や押し安値を短い水平線で追跡することで、トレンドの継続・終了が明確になります。

また、トレーリングストップの水準に置いて、損切り水準がどのように動かしたか、記録をチャートに残すことにも使えます。

 

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.