MT4&MT5

2020/9/29

【5ステップ】MT4・MT5のデモ口座を開設する手順を解説!

  この記事では、MT4・MT5のデモ口座を開設する手順を解説します。 MT4やMT5でデモトレードしたり、FXチャートを見たい方はぜひ参考にしてください!     MT4・MT5のデモ口座の開設方法   step1XM Trading の公式サイトでデモ口座を開設する 下記サイトを開き、「デモ口座」のボタンをクリックします。 Xm Tradingの公式サイト ※XMデモ口座は最大5口座を開設できるので、デイトレ用、スキャル用、バックテスト用、EA用など使い分けるこ ...

MT4&MT5

2020/9/28

【MT5】アルーンインジケーター5選!

  この記事では、MT5のアルーンインジケーターを5つ紹介します。     MT5アルーンインジケーター これは、アルーンを表示するシンプルなインジケーターです。 関連:【FX】アルーンの使い方&見方【時間に注目してトレンドの勢いを分析する指標!】   設定 ・period of the indicator:アルーンの設定期間n MT5アルーン   また次のインジケーターでは、アルーンアップとアルーンダウンの位置関係に応じて、2本のライン間を色塗り表示しま ...

FXトレード

2020/9/28

騙しを回避!ストキャスティクスのクロス(GC・DC)の精度を上げる8つの方法

  ストキャスティクスのゴールデンクロスやデッドクロスをエントリーシグナルとして使う場合、騙しは避けて通れません。 今回は、クロスのダマシを減らす8つの方法を紹介します。 ストキャスティクスを使った手法の勝率を改善する1つとしてよければ活用してみてください! 目次 パラメーターを大きくして、感度を下げる MACDフィルターで、クロスの精度UP! 過熱ゾーンでのクロスに注目! 1回目のクロスは無視!直後の2回目で仕掛ける ストキャスティクスとボリンジャーバンドは相性バツグン! 3本のストキャスティ ...

FXトレード

2020/9/26

【FX】連行足とローソク足を組み合わせた手法【順張り&ブレイクアウト】

  この記事では、ローソク足と練行足を組み合わせた手法を紹介します。 練行足を利用している方は、ぜひ参考にしてください! 練行足の使い方は『【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】』をご覧ください     練行足を使った順張りスキャルピング手法 1分足スキャルピングでは、ボックスサイズ10pipsの練行足を使います。   次のオージー円チャートでは、1分足チャートに連行足(10pips)を重ねて表示しています。 相場が10pips上下に動くたびに、その ...

MT4&MT5

2020/9/24

【MT5】ブレイクイーブン(損益分岐点)に損切を動かすのに役立つEA4選!

  この記事では、ブレイクイーブンに損切を動かすのに役立つMT5 EAを4つ紹介します! 目次 自動でブレイクイーブン水準に動かすEA ブレイクイーブンの水準にラインを表示するインジ ボタンクリックでブレイクイーブンにストップロスを動かせるEA トレーリングストップつきEA         自動でブレイクイーブン水準に動かすEA このEAでは、ポジションに利益が出たときにストップロス注文をブレイクイーブン(損益分岐点)まで自動で動かしてくれます。 また、こ ...

MACDの欠点を克服した上位互換インジ!出来高加重MACDとは?

2019年11月9日

Pocket

 

MACDを使っているトレーダーの方、こんなお悩みはありませんか?

  • MACDのラインが絡み合い、クロスが視認しずらい
  • ダイバージェンスがトレンド転換を捉えることが少ない

 

今回紹介する『出来高加重MACD(VW-MACD)』は 上のような欠点を解決してくれる上位互換のMACDです。

この記事では、従来のMACDと比較した、出来高加重MACDの違いやメリットを紹介します。MACDのシグナルの精度を少しでも上げたい方は、ぜひこの機会に試してみてください!

 

出来高加重MACDとは?

vw-macd

従来のMACDは2本のEMAの差を数値化しているのに対し、出来高加重MACDはEMAの代わりに出来高加重移動平均線(VWMA)を採用しています。

VWMAとは?

出来高を反映した移動平均線で、出来高で重み付けした価格の平均値になります。

出来高の大きいローソク足は平均値に大きな影響を与え、逆に出来高の小さいローソク足は影響度が低いです。

関連記事 出来高加重移動平均線(VWMA)の6つの使い方!【次世代型MA】

 

下のチャートでは、VWMAとSMAの2つを表示しています。VWMAは出来高が大きいポイントではSMAとは違う動きを見せます。

出来高加重移動平均線

そのため、短期のVWMAと長期のVWMAの乖離幅を見る出来高加重MACDもまた、出来高を反映した指標であり、MACDよりもシグナルとしての信頼性が高いと考えられます。

 

出来高加重MACDの計算式

MACD線のMAの種類が異なるだけで、計算式は従来のMACDと同じです。

計算式

  • VW-MACD線 = 短期のVWMA(期間x) - 長期のVWMA(期間y)
  • シグナル線= VW-MACD線のEMA(期間z)

VW-MACD線は既に出来高で重み付けされているので、シグナル線はMACDと同様にEMAが採用されています。

各パラメーターは、MACDと同じ様に(x,y,z)=(12,26,9)が一般的です。

 

欠点の少ないMACD

上のチャートでは、2本のVWMA(期間12と期間26)とVW-MACDを表示しています。12VWMAは短期のトレンド方向を、26VWMAは中期のトレンド方向を示しています。

  • VW-MACD線>0:12VWMA>26VWMAであり、価格が上昇傾向にある
  • VW-MACD線<0:12VWMA<26VWMAであり、価格が下降傾向にある
  • VW-MACD線と0レベルのクロス:2本のVWMAのGC&DCであり、トレンド転換やレンジ入りの可能性あり

 

MACDとの違い(メリット&デメリット)

MACDと出来高加重MACDはほとんど動きが同じですが、次のような違いがあります。

 

1.ラインの動きが滑らか

上のチャートではサブウィンドウに、VW-MACDを上に、MACDを下に表示しています。

2つのインジケーターを見比べると、全体的にVW-MACDの方がMACD線・シグナル線の動きが滑らかです。

そのため、クロス時に2本のラインが絡み合いにくく、ゴールデンクロスやデッドクロスがクリアに見えます。

 

2.ダイバージェンス

MACDでは見落としていたダイバージェンスを、VW-MACDでは拾ってくれることがあります。

上のチャートでは、上昇トレンドの終わりでVW-MACDはダイバージェンスが発生していますが、MACDの方は発生していません。

 

その理由

トレンドの終わり直前では、出来高が先細りすることが多いです。VWMAはその出来高の減少を反映して、短期のVWMAの上昇幅が小さくなり、2本のVWMAの乖離幅が狭くなります。

その結果、VW-MACD線の山(極大値)は前の山より低くなり、ダイバージェンスが完成します。

それに対して、従来のMACDはトレンド終わりでの出来高の減少を考慮しないため、MACD線の山は前の山より低くならず、ダイバージェンスが発生しないことがあります。

 

3,クロスのタイミング

MACD線とシグナル線のクロス(GC&DC)の発生タイミングは、VW-MACDより従来のMACDの方がほんの少し速い傾向があります。

※場面によって、VW-MACDのクロスの方が速く発生することもあります

 

また、MACD線と0レベルのクロスはVW-MACDの方が発生タイミングが速いことが多く、クロスの発生頻度が多い傾向があります。

 

VW-MACDのMT4・MT5インジケーター

MT4やMT5で出来高加重MACDを利用したい方は、下記サイトからインジケーターをダウンロードできます。興味がある方は、ぜひお試しください!

VW-MACD|MT5

VW-MACD|MT4

関連 MACDヒストグラムの使い方&見方【3種のダイバージェンス】

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.