FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

2020年10月18日

 

この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します!

関連:チャートパターンを自動検出するMT5インジケーター7選!フラッグ・MWなど

 

 

パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ

このインジケーターは、チャート上にレジサポラインを表示し、価格とラインの位置関係で現在のトレンド方向を把握することができます。

  • 上昇トレンド時:価格の下に表示され、上昇トレンドを支えるレジスタンスラインとなる
  • 下降トレンド時:価格の上に表示され、下降トレンドを支えるサポートラインとなる

ローソク足終値でこのラインを超えるのは、トレンド転換のサインで、新規買い(売り)のエントリーシグナルとして活用できます。

また、パラボリックのようにトレーリングストップの置く位置としても利用できます。

関連:【FX】実践的なトレーリングストップ戦略を8つ紹介!【長所&短所】

 

設定

トレンドアローの期間を小さくすると、次のように小さなスケールのトレンド転換を捉えることができます。

Trend_arrows

 

 

トレンドの強さを測定するオシレーター

これは、トレンドの強さを測定するオシレーター(TDaF)です。

TDaFが大きな数値ほど、その方向の価格の勢いが強いことを表しています。

 

使い方例

  • TDaFが0.2の水準を上抜ける:強い上昇トレンドの発生
  • TDaFが-0.2の水準を上抜ける:強い下降トレンドの発生
  • TDaFが0~0.2の範囲で推移:弱い上昇トレンド
  • TDaFがー0.2~0の範囲で推移:弱い下降トレンド

 

また、TDaFが0水準に張り付いている場合は、方向感のないレンジ相場であることが多く、0.2(-0.2)水準を超えるとブレイクアウトが発生し相場が一方向に大きく動きます。

 

Trend direction and force

関連:【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

 

RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ

これはRSIの高値・安値・始値・終値をもとにローソク足を作成し、サブウィンドウに表示します。

そして、そのローソク足データで計算したエンベロープも表示しています。

 

このエンベロープとRSI‐ローソク足の位置関係で短期的なトレンド方向を把握できます。

  • エンベロープ<RSI‐ローソク足:上昇トレンド
  • エンベロープ>RSI‐ローソク足:下降トレンド

また、RSI‐ローソク足の色の変化は、押し目買いや戻り売りへの移行やトレンド再開・転換のタイミングを分析するのに役立ちます。

 

RSI Candles with Trend Envelopes

 

 

プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ

このインジケーターは、次のプライスアクションでトレンド転換を捉えます。

  • 現在のローソク足終値>直近X本のローソク足高値:強気の転換
  • 現在のローソク足終値<直近X本のローソク足安値:弱気の転換

 

そして、次のように4つの色でトレンド方向を視覚化します。

タイトル

  • 濃い青:上昇トレンド方向に進む陽線
  • 薄い青:上昇トレンド中の陰線(調整下落)
  • 濃い赤:下降トレンド方向に進む陰線
  • オレンジ:下降トレンド中の陽線(調整上昇)

上昇トレンド中にローソク足の色が青系から赤系に変化する、または下降トレンド中にローソク足の色が赤系から青系に変化するのは、トレンド転換のシグナルです。

 

設定

設定の「Bars in pattern」で、パラメーターXを指定できます。

 

注意点として、このインジを使う場合は元のローソク足の色を「None」にしてください。

また、このインジの色の設定で左端の色RedをTomatoに変更してください。

X Bar Clear Close Trend

 

 

トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ

また、次の2つのインジケーターでもトレンド方向にあわせてローソク足の色が変化します。

 

1つ目のインジ

下のチャートのように、上昇トレンドは青色、下降トレンドは赤色でローソク足が表示されます。

リトレースメント(価格の押し・戻し)では、リトレースメントが深くなるほど色が薄くなり、最終的に透明になります。

そして、価格がさらに逆行するとローソク足の色が変化し、トレンドが変化したことを知らせてくれます。

 

設定

・Movment:トレンドが転換したと判定するのに必要な価格の逆行幅(単位:0.1pips)

価格がトレンドと逆行するも、Movmentで指定した範囲内であれば、その動きはリトレースメントとみなされてローソク足の色が段々と薄くなります。

そして、逆行幅がMovmentで指定した数値を超えると、トレンド転換したと判定され、ローソク足の色が変化します。

 

色の設定

・UpColor:上昇トレンド時の色
・UpBackColor:上昇トレンドでリトレースメントに移行したときの色
・DnColor:下降トレンド時の色
・DnBackColor:下降トレンドでリトレースメントに移行したときの色

iMovment

 

 

2つ目のインジ

2つ目のインジは、次の定義でトレンドを判定し、ローソク足の色を変化させます。

  • 上昇トレンド:高値&安値の切り上げ
  • 下降トレンド:高値&安値の切り下げ

参照:メタクオーツ

また、ADXを使って押し・戻しの動きを認識し、MACDのダイバージェンスを使って潜在的なトレンドの反転を特定します。

 

設定

ZigZag depth:トレンドのスケール。数値が大きいほど、大きなトレンドを捉えます
ADX Period:ADXの期間

Bar Color Trend

 

 

 

ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ

BBトレンドは、ボリンジャーバンドを使ってトレンドの強さと方向性の両方を分析するインジケーターです。

具体的には、期間20と50のボリンジャーバンドの標準偏差バンドの差に注目してトレンドを分析します。

 

計算式

X=|BB(20)の下部バンド ー BB(50)の下部バンド|
Y=|BB(20)の上部バンド ー BB(50)の上部バンド|
BBトレンド=(X ー Y) ÷ BB(20)の中心線

※ボリンジャーバンドの期間20、50は設定で変更できます

 

※上のチャートのように、上昇トレンドではBB(20)と BB(50)の上部バンドが近接し、反対に下部バンドの距離が広がる特徴があります。

逆に、上昇トレンドではBB(20)と BB(50)の下部バンドが近接し、上部バンドの距離が広がります。

BBトレンドでは、この特徴を利用してトレンドの方向を特定します。

見方

  • BBトレンドが0を超える:上昇トレンド
  • BBトレンドが0を下回る:下降トレンド
  • BBトレンドの数値が大きいほど、その方向のトレンドの勢いが強い

BB Trend Indicator

 

 

特定期間の最高値安値を結んだライン

このインジケーターでは、2つの期間の最高値・最安値を結んだラインをチャートに表示します。

これらのラインはそれぞれ短期トレンド、長期(中期)トレンドの方向性を把握するのに役立ちます。

 

設定

Perfect trend line

 

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.