FXトレード

2020/10/28

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

  この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します! 1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。 トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください! 目次 ミニフラッグとは?定義&発見方法 ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法 ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法 ...

FXトレード

2020/10/25

【FX】ナローレンジとは?ブレイクアウト手法に使えるセットアップ!

  この記事では、ブレイクアウト手法のセットアップの1つである、ナローレンジパターンについて紹介します。 目次 【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジを使ったトレード戦略 ナローレンジを使ったブレイクアウト手法例   【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジ(NR)はローソク足4本以上で構成するプライスアクションパターンの1つです。 ロジックはボリンジャーバンドのスクイーズと似ており、ボラティリティが ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

  MT4のトレンドインジケーター この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT4インジケーターを9つ紹介します! トレンド相場でトレードする方はぜひお試しください! 目次 スーパートレンド ADXでトレンド方向を判定するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅で、現在の相場状況を分析するインジ トレンドの強さ・角度を表示するインジ 複数の時間足のトレンドの情報を分析するインジ 複数の通貨ペアのトレンド方向を確認できるインジ トレンド相場での損切りやエントリーに役立つインジ &nbsp ...

FXトレード

2020/10/22

【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

  トレンドフォロー手法で大切なことは、トレンドの波に乗ることです。 トレンドを掴むことが、トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)で勝率を上げる最大のポイントです。   トレンドフォローの勝率を上げようと、エントリータイミングのルールを複雑にするのは逆効果! 複雑なルールだと、トレンド発生時にうまくエントリーできずにチャンスを逃す可能性が高いです。   そのため、トレンドフォロー手法で大切なのは、「シンプル」であることです。 この記事では、ボリンジャーバンドとストキャスティ ...

MT4&MT5

2020/10/22

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/22

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

2020年10月18日

Pocket

 

この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します!

 

 

パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ

このインジケーターは、チャート上にレジサポラインを表示し、価格とラインの位置関係で現在のトレンド方向を把握することができます。

  • 上昇トレンド時:価格の下に表示され、上昇トレンドを支えるレジスタンスラインとなる
  • 下降トレンド時:価格の上に表示され、下降トレンドを支えるサポートラインとなる

ローソク足終値でこのラインを超えるのは、トレンド転換のサインで、新規買い(売り)のエントリーシグナルとして活用できます。

また、パラボリックのようにトレーリングストップの置く位置としても利用できます。

関連:【FX】実践的なトレーリングストップ戦略を8つ紹介!【長所&短所】

 

設定

トレンドアローの期間を小さくすると、次のように小さなスケールのトレンド転換を捉えることができます。

Trend_arrows

 

 

トレンドの強さを測定するオシレーター

これは、トレンドの強さを測定するオシレーター(TDaF)です。

TDaFが大きな数値ほど、その方向の価格の勢いが強いことを表しています。

 

使い方例

  • TDaFが0.2の水準を上抜ける:強い上昇トレンドの発生
  • TDaFが-0.2の水準を上抜ける:強い下降トレンドの発生
  • TDaFが0~0.2の範囲で推移:弱い上昇トレンド
  • TDaFがー0.2~0の範囲で推移:弱い下降トレンド

 

また、TDaFが0水準に張り付いている場合は、方向感のないレンジ相場であることが多く、0.2(-0.2)水準を超えるとブレイクアウトが発生し相場が一方向に大きく動きます。

 

Trend direction and force

関連:【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

 

RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ

これはRSIの高値・安値・始値・終値をもとにローソク足を作成し、サブウィンドウに表示します。

そして、そのローソク足データで計算したエンベロープも表示しています。

 

このエンベロープとRSI‐ローソク足の位置関係で短期的なトレンド方向を把握できます。

  • エンベロープ<RSI‐ローソク足:上昇トレンド
  • エンベロープ>RSI‐ローソク足:下降トレンド

また、RSI‐ローソク足の色の変化は、押し目買いや戻り売りへの移行やトレンド再開・転換のタイミングを分析するのに役立ちます。

 

RSI Candles with Trend Envelopes

 

 

プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ

このインジケーターは、次のプライスアクションでトレンド転換を捉えます。

  • 現在のローソク足終値>直近X本のローソク足高値:強気の転換
  • 現在のローソク足終値<直近X本のローソク足安値:弱気の転換

 

そして、次のように4つの色でトレンド方向を視覚化します。

タイトル

  • 濃い青:上昇トレンド方向に進む陽線
  • 薄い青:上昇トレンド中の陰線(調整下落)
  • 濃い赤:下降トレンド方向に進む陰線
  • オレンジ:下降トレンド中の陽線(調整上昇)

上昇トレンド中にローソク足の色が青系から赤系に変化する、または下降トレンド中にローソク足の色が赤系から青系に変化するのは、トレンド転換のシグナルです。

 

設定

設定の「Bars in pattern」で、パラメーターXを指定できます。

 

注意点として、このインジを使う場合は元のローソク足の色を「None」にしてください。

また、このインジの色の設定で左端の色RedをTomatoに変更してください。

X Bar Clear Close Trend

 

MT5でトレードするならXM!

MT5利用可能な海外FX会社は、XMTradingがおすすめ!

XMで取引するとXMポイントが貯まり、貯まったXMポイントは現金化したりトレード資金に追加することができます。

関連:XM口座の開設手順を画像付きでわかりやすく解説!

 

トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ

また、次の2つのインジケーターでもトレンド方向にあわせてローソク足の色が変化します。

 

1つ目のインジ

下のチャートのように、上昇トレンドは青色、下降トレンドは赤色でローソク足が表示されます。

リトレースメント(価格の押し・戻し)では、リトレースメントが深くなるほど色が薄くなり、最終的に透明になります。

そして、価格がさらに逆行するとローソク足の色が変化し、トレンドが変化したことを知らせてくれます。

 

設定

・Movment:トレンドが転換したと判定するのに必要な価格の逆行幅(単位:0.1pips)

価格がトレンドと逆行するも、Movmentで指定した範囲内であれば、その動きはリトレースメントとみなされてローソク足の色が段々と薄くなります。

そして、逆行幅がMovmentで指定した数値を超えると、トレンド転換したと判定され、ローソク足の色が変化します。

 

色の設定

・UpColor:上昇トレンド時の色
・UpBackColor:上昇トレンドでリトレースメントに移行したときの色
・DnColor:下降トレンド時の色
・DnBackColor:下降トレンドでリトレースメントに移行したときの色

iMovment

 

 

2つ目のインジ

2つ目のインジは、次の定義でトレンドを判定し、ローソク足の色を変化させます。

  • 上昇トレンド:高値&安値の切り上げ
  • 下降トレンド:高値&安値の切り下げ

参照:メタクオーツ

また、ADXを使って押し・戻しの動きを認識し、MACDのダイバージェンスを使って潜在的なトレンドの反転を特定します。

 

設定

ZigZag depth:トレンドのスケール。数値が大きいほど、大きなトレンドを捉えます
ADX Period:ADXの期間

Bar Color Trend

 

 

ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ

BBトレンドは、ボリンジャーバンドを使ってトレンドの強さと方向性の両方を分析するインジケーターです。

具体的には、期間20と50のボリンジャーバンドの標準偏差バンドの差に注目してトレンドを分析します。

 

計算式

X=|BB(20)の下部バンド ー BB(50)の下部バンド|
Y=|BB(20)の上部バンド ー BB(50)の上部バンド|
BBトレンド=(X ー Y) ÷ BB(20)の中心線

※ボリンジャーバンドの期間20、50は設定で変更できます

 

※上のチャートのように、上昇トレンドではBB(20)と BB(50)の上部バンドが近接し、反対に下部バンドの距離が広がる特徴があります。

逆に、上昇トレンドではBB(20)と BB(50)の下部バンドが近接し、上部バンドの距離が広がります。

BBトレンドでは、この特徴を利用してトレンドの方向を特定します。

見方

  • BBトレンドが0を超える:上昇トレンド
  • BBトレンドが0を下回る:下降トレンド
  • BBトレンドの数値が大きいほど、その方向のトレンドの勢いが強い

BB Trend Indicator

 

 

特定期間の最高値安値を結んだライン

このインジケーターでは、2つの期間の最高値・最安値を結んだラインをチャートに表示します。

これらのラインはそれぞれ短期トレンド、長期(中期)トレンドの方向性を把握するのに役立ちます。

 

設定

Perfect trend line

 

 

複数の時間足のトレンド情報を解析するインジ

このインジケーターは、トレンドに関する5つの情報を時間足別に表示します。

 

FX Trend free

 

 

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.